キッチンカー・移動販売車を開業するには

『キッチンカー・移動販売車の営業をするには、何か資格は必要なのかな・・?』
『開業の準備は、どう進めればいいのだろう・・・?』
など、キッチンカー・移動販売車の開業についてお困りではありませんか?
キッチンカー・移動販売車の開業に必要な手続きは、ふたつです。

営業許可証の取得営業許可証の取得

ではさっそく、詳しくご紹介いたします。

食品衛生責任者の資格の取得

キッチンカー・移動販売車を営業するには、まず食品衛生責任者の資格が必要になります。
食品衛生責任者は、食中毒や食品衛生法違反を起こさないように、食品衛生上の管理運営を行う役割を持っています。
食品衛生責任者の資格は、各都道府県の食品衛生協会が主催する講習会を受講すれば、『食品衛生責任者証』が交付され、資格を取得できます。
但し、下記の資格を持っている方は、受講が免除されます。

・栄養士
・調理師
・製菓衛生士
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業生成責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

講習内容は、都道府県ごとで多少異なりますが、
「公衆衛生学」
「衛生法規」
「食品衛生学」
などの約6時間、料金は1万円程度で受講できます。
食品衛生責任者証は、全国共通なので、一度どこかで講習を受け、食品衛生責任者証を持っていれば、他都道府県で受講する必要はありません。
一般社団法人東京都食品衛生協会 受講要領

営業許可証の取得

保健所への事前相談

営業許可証の取得のために、まず保健所へ事前相談をしましょう。

「営業許可証」とは、保健所の基準を満たしている飲食店に対して、保健所から発行される許可証のことです。キッチンカー・移動販売車は固定店舗ではありませんが、営業許可証が必要になります。

食品衛生責任者証は全国共通ですが、営業許可証は全国共通ではありません。

同じ都道府県内であっても、出店場所のエリアによって管轄する保健所があり、その保健所ごとで営業許可証を取得する必要があります。

例えば、基本は東京都でキッチンカー・移動販売車を出店し、週末にはイベントで他県での出店をお考えならば管轄の各保健所の営業許可証が必要になるわけです。
また、営業許可証の種類やキッチンカー・移動販売車の設備の条件、申請時の必要書類なども各保健所で異なります。
出店場所や販売メニューがある程度決まったら、その管轄する保健所を調べ事前に相談します。
事前相談で確認することは各保健所により異なりますが、おおよそ以下のものになります。

「営業許可証」の種類を確認し、複数取得できるかを確認

キッチンカー・移動販売車で販売するメニューによって、どの種類の許可証が必要になるのか手数料や有効期限も種類によって異なります。

2種類または3種類が取得可能な保健所もあれば、1種類のみとしている保健所、普通車のキッチンカー・移動販売車ならば複数取得可能でも軽自動車のキッチンカー・移動販売車なら1種類のみと制限をする保健所や、販売メニューの数にも制限をしている保健所があります。

例えば

飲食店営業 丼もの、ハンバーガー、焼きそば、たこ焼などの食事系
菓子製造業 クレープ、ベビーカステラ、ドーナッツのスイーツ系
喫茶店営業 コーヒー、紅茶、アイスクリーム、タピオカドリンクなどのドリンク系
乳類販売業 包装された牛乳、乳飲料など
「営業許可証」の種類

「営業許可証」の種類

「営業許可証」の種類

「営業許可証」の種類

「営業許可証」の種類

「営業許可証」の種類

・仕込み場所について確認

保健所によっては、仕込み場所を必要とする場合があります。
仕込みとは、食材を洗ったり切ったり、肉に下味をつけたりする調理前の準備のことです。
仕込み場所とは、その準備をする施設のことで、キッチンカー・移動販売車とは別の営業許可のある施設・建物が必要になります。

「材料を混ぜる」・「食材を切る」という作業は、異物混入や食中毒の発生源になりやすい作業です。そのため、屋内の仕込み場所で行う事を義務付けている保健所がほとんどです。
仕込みの考え方や、自宅やキッチンカー・移動販売車の車内での仕込みを可能にしているなど保健所によって異なります。

☆仕込み場所が必要だけれど、仕込み場所を新たに持つのが難しい場合は・・・
・冷凍カット野菜、冷凍生地、缶詰など加工済みの食材を使い、仕込みをする必要のない食材で代用する
・「シェアキッチン」をレンタルする
・知り合いの飲食店の厨房を間借りして、仕込みをさせてもらう

などで対処するといいでしょう。

キッチンカー・移動販売車の車内設備を確認

キッチンカー・移動販売車を製作して開業する場合、営業許可をクリアするために最低限必要な設備があります。保健所へ相談する前に製作してしまうと、許可が下りるように作り直さなければいけない場合が出でくるので、先に保健所に相談して何が必要かを確認します。

・手洗いシンクと洗浄用シンク
手洗い専用のシンクを1つ、調理器具・食材などの洗浄用シンクを1つのシンク2つを義務付けていることが多く、大きさ、奥行き、深さも指定している保健所があります。
そして、シンク近くには手洗い用の石鹸、手指用消毒液やアルコールスプレーの設置も必要です。

また、1つのシンクに1つの蛇口を設置するのが基本です。1つの蛇口を回転させて、複数のシンクで共用することを許可していない保健所があります。
電動汲み上げポンプの設置が必要になる場合もあります。

・キッチンと運転席の間仕切りがあること
軽バンや大型バンのキッチンカー・移動販売車の場合、運転席とキッチンの間を仕切る「間仕切り」が必要になります。ビニールシートや取り外し可能な仕切りではなく、取り外せないようにきちんと固定するなど条件があるので確認しておきましょう。

・給水タンク・排水タンク
キッチンカー・移動販売車のシンクで使う水道を確保するための「給水タンク」と、使った汚水を貯めるための「排水タンク」の2つの同量のタンクが必要です。容量は、保健所によって異なります。

・換気扇
キッチンカー・移動販売車の車内の換気が十分にできていることが必要です。換気ができているということは、空気の通る穴が開いていることになります。そこから虫が入る恐れがありますので、網戸やカバーなどで防ぐことも必要になります。

・備品収納棚やケース
キッチンカー・移動販売車で使うさまざまな調理道具や、商品を入れるトレーや袋などの備品を安全に清潔に保管するための収納棚や収納ケースの設置が必要です。
市販のふた付収納ケースを許可している保健所もありますが、吊り下げ戸棚の設置や大きさの指定を求める場合もあります。

・冷蔵庫、冷凍庫などの冷蔵設備
扱う食材によって冷蔵、冷凍する必要がある場合、冷蔵庫、冷凍庫などの冷蔵設備が必要な保健所があります。
保冷を必要とする食材を扱わなければ、必要ありません。
走行中も、冷蔵機能が使えるようにしなければいけない場合もあります。

以上のものが、基本のチェックポイントです。
他には、防水・撥水性が必要でキッチンカー・移動販売車の床面、壁、調理台などは水洗い掃除ができ水抜きができる素材であることや、照明機器、給湯設備、ふた付のゴミ箱の設置などを細かく基準項目にしている保健所もあります。

キッチンカー・移動販売車の製作


保健所で営業許可の基準を確認したら、基準をクリアするようにキッチンカー・移動販売車の製作の検討をします。内装、外装の図面を保健所で最終確認をしてもらい、基準をクリアしていればキッチンカー・移動販売車の製作に入ります。

保健所への営業許可の申請

申請に必要な書類やキッチンカー・移動販売車の設備が揃ったら、該当保健所に営業許可の申請をします。
その際、保健所の担当者とキッチンカー・移動販売車の確認検査の日程を決めます。

キッチンカー・移動販売車の確認検査

営業許可証を申請したら、キッチンカー・移動販売車の確認検査を受けます。
申請者立ち合いのもと、キッチンカー・移動販売車の施設基準に適合しているか保健所の担当者が確認検査をします。
適合していない場合、その不適箇所を改善し、再度検査日を設けて再検査を受けます。

営業許可証の交付

基準に適合していれば、数日後に保健所へ行き営業許可証が交付されます。
その後、営業開始が可能になります。

まとめ

キッチンカー・移動販売車の最大のメリットは、お客様のいる場所やひとの集まる場所へ移動して営業できることです。保健所の営業許可の基準は出店エリアごとに異なりますので、管轄の保健所に相談しながら申請書類やキッチンカー・移動販売車の設備を整え、開業の準備を進めましょう。

CONTACTT・ARA(ティアラ)へお問い合わせ

サンプリングキャンペーンやセールスプロモーションにはキッチンカー・移動販売車が最適!
レンタルもいたしております。

お急ぎの方はお電話でお気軽にお問い合わせください。0120-118-053

【受付時間】平日9:00~18:00
【 E-mail 】info@t-ara.jp

CONTACT

↑PAGE TOP